So-net無料ブログ作成
検索選択

第一回 チャイナダイニング 祥 燗酒の会(ゲスト:福羅杜氏) [イベント]

mini_110525_1928.jpg

左から 
梅津酒造 21BY きもと造り 冨玲
福羅酒造 18BY 速醸 特別純米 山陰東郷
旭菊酒造 純米 大地 (山田錦60% 7号)
金の井酒造 純米原酒 綿屋 岡山雄町60
金の井酒造 震災まかない酒
そのとなりの濁酒は水もと(菩提もと) お店より
写真はないけど、舞鶴酒造 15BY たびと (千葉五百万石70%)無濾過生詰

ゲスト:山陰東郷醸造元 福羅酒造 福羅杜氏

料理はシェフおまかせコース(3000円)サラダからはじまってデザートまで・・
このデザートがくせものでした。
酒とまぜることで思いもよらない効果が・・(混ぜる=口の中で)

チャイナダイニング 祥での酒の会は毎月もしくは隔月でやっていこうかと思ってます。

平成22酒造年度全国新酒鑑評会 [イベント]

img204-1.jpg

出品酒目録・・全部が飲めたわけではない。
前年同様、お昼ご飯を三原で食べて行った(去年は、東広島の中華料理店、今年は三原の中華料理店)ので1時頃着・・。

到着して、すぐ、広島の3升は飲むんじゃないかという・・知り合いに1年ぶりに再会(w)去年もこの会場で・・
そして、ツイッターで知り合いになった 長野の「松尾」醸造元 高橋様に会いました・・。
携帯で連絡取りつつもなかなか見つけられず失礼しました。

今年はお酒をきくと言うよりは・・お話をしてる時間の方が多かったように思える・・

残ってる酒を、ざざっと(気になるモノだけ)きいて、また旧知の方とお話・・

img205-1.jpg

アンケート用紙↑ 出さないで持って帰ってきた。

今日、名刺交換した方 ↓

img203-1.jpg

下の方は報道の腕章をしてらっしゃいました・・。

この日は三原の「チャイナダイニング 祥」で6時半より「山陰東郷」を醸す「福羅酒造」福羅杜氏と中華を食べる会をします。

しゅみの会1参戦結果 [イベント]

昨日(5月7日)、宮崎にてしゅみの会Part1「亀の手による酒と料理の調和を図る会(自分でつけた名目)」
http://jyunmaikanzake.blog.so-net.ne.jp/2011-03-25-1←参照
亀の手は、神亀専務の舌と鼻と神亀の酒を駆使して料理に合わせる技巧の披露。

料理は
img197-1.jpg


このメニューに神亀専務が神亀の酒をブレンドもしくはそのままのお燗で料理に合わせて行く
神の手ならぬ亀の手・・
以前、一度見て、いろいろ詮索したら日常茶飯事に蔵では行われてること・・らしい。

どうかな?いいかな?(言ってるかどうか・・)
SN3S0122-1.jpg

SN3S0123-1.jpg

素人の方はマネしないでください、酒がいくらあっても足りません、とくに大吟醸をふんだんに使われるから。

先付 佐度原茄子焼浸しに 生雲丹 ふり柚子(佐度原茄子焼浸しに生雲丹を載せふり柚子)
      酒 大吟醸6 ひこ孫4 42度

SN3S0121-1.jpg

    うざく
      酒 辛口 神亀55度
吸物 帆立真精・・(エビでやってあるのは見たことあるが・・専務はエビとカニはだめなんです)
      酒 7号 45度

SN3S0125-1.jpg

造り 白身、いか、鮪
      酒 7号7 ひこ孫3 50度 SN3S0130-1.jpg

凌ぎ 穴子棒鮨
      酒 小鳥 43度    活性にごり(生酒)

SN3S0131-1.jpg


焼き 伊佐木利休焼 ピリ辛こんにゃく
      酒 ひこ孫 50度

SN3S0135-1.jpg


煮  芋たこ南京  スナックピース(?) 木の芽・・・スナックピースはすなっくえんどうのことかも
      酒 吟醸の上槽中汲(生酒)

SN3S0137-1.jpg


食事 筍ご飯
二の汁 赤出汁
      酒 小鳥割水1 45度
水菓子 りんごシャーベット
      酒 大吟醸 40度

SN3S0139-1.jpg



果物には大吟醸・・定番かな?いつも大吟醸、2002年くらいのだと、38度くらいです。
一番感動したのは、去年の徳島での大吟醸とサクランボ、4年前の三原での酒の会の酢の物に大吟醸38度・・。


新しくお二方と名刺交換しました。
img196-1.jpg
右の上野さんって方は、戦う純米酒(神亀物語)を書かれた人です。
左の永山酒造の永山杜氏は、実は14年前にとある居酒屋で名刺交換した方ですが、かたくなに避け続けて来られた方で、顔見て思い出されたようで、お酒は「貴」というお酒を醸されてる。(呑んだこと無いのでワカリマセン)
メッセージを送る