So-net無料ブログ作成
きもと造り ブログトップ

予告 第9回 燗酒の会←「訃報」でできなかった神亀をします。第8回として [きもと造り]

第9回目はキモト造りの純米酒の横飲み・・製造年はなるべく合わせれれば合わせて、そうでなければ近めに持っていこうかと思ってる。

現在、在庫有る中で今までにあまり登場してないお酒から中心に選んでいこうかとおもいつつ・・

第9回は6月17日に設定中

板倉酒造、旭菊酒造、梅津酒造、大谷酒造、久保本家酒造、下村酒造場、杉井酒造場、山根酒造場、森喜酒造場、泉橋酒造の10より7~8種・・を考えてます。

19BY~22BYくらいかな。

また、空いた日があればどこかでやりたい。山廃とかも・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

蔵仕事(梅津酒造のきもと造り)23BY [きもと造り]

23BY梅津酒造きもと造りの現場に居ます。

さっき、20時から1回目きもと仕込みを終え、今、2回目の仕込みまであと、1時間。
気温は18度、いつもなら12月に気温5度くらいでやります。

今年は1本目をこの時期に、実は去年もこの時期に1本目をやってますが、自分は来てませんでした。
今年は、うまい具合に時間がとれて、今、この場に居ます。

写真は毎年同じです、今年はまだ1枚も撮ってません。

またあとでアップします、現場ではパソコンもノートを持ち込んでなので、思うように使えません。

もと摺りは、明日(土曜日)の午前10時から始めます。

26、53、78L   謎の数字


タグ:きもと造り
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

奈良のきもとを喰らう [きもと造り]

奈良・久保本家の20BYきもとのどぶ生原酒を・・試喰い

まるで、お粥しかも、原酒故濃い・・。

20BY生原酒

鳥取のきもとに引き続き・・
奈良のきもとを・・喰った。

生原酒で、ガス付ですが、栓に穴があるので、抜けてる状態と考えてください(活性にごりに比べて)。

酒には、ガスがまだ残ってるので、少しピチパチ感はあります。

上澄み:
原酒ゆえに、濃さが前面に出て、そのままだと、どうしようって・・(w)感じでした、次に燗付けても、そう対してかわらず(味わい)ガス感は無し。

加水して、やっと飲めるかなって思えましたが、そこは、20BY飲むには早いよって酒に言われてるようで・・

燗つけて、どういうんだろう、どう言ったらいいのだろうか・・これが渋いって言うのか・・5年はかかるんじゃねぇ?(生原酒どぶの上澄み)

混ぜて:
混ぜてどぶ状態にしても生原酒の顔はかわらず、濃さがますます前に出て・・下戸な自分には過ぎた酒でした。

加水して燗つけて、いつものどぶ燗の、熟成不足、美味いっていうよりは、ちょっとまて、車は急に止まれないかな・・。

総評:
やっぱ、生原酒は無理だ・・。
秋に火当て原酒を・・ください。
鳥取のきもととは、違う・・、面が見える。


写真とデータはまたあとでアップ。
きもと造り ブログトップ
メッセージを送る