So-net無料ブログ作成
検索選択

訃報 [紹介]

チャイナダイニング 祥のこと

ことの始まりは・・土曜日(4月21日)・・・
この日、違う場所(市内の瀬戸内魚礁 本陣)で酒の会(芸予地震で廃業した蔵の酒を飲む会)である酒の会にチャイナダイニング 祥のオーナー兼店長に車で送って貰った・・今、思えば・・降りる際に、自分に、「丸くなったね」と、何?今頃・・堅くなろうか?の問いに、イヤ今のままが・・と。
「内心、変なヤツ」彼との付き合いは、ほぼ1年・・でもこのときに1年で終るとは思いも寄らなかった。

会は定刻を過ぎ、無事に終りました、翌日はチャイナダイニング 祥で、神亀の酒を使った酒の会(蔵元はこられません)。酒リストを作らねばと思いつつその日は寝た。

日曜日は、名古屋から妹が母親の見舞いに来てるので、まずは、見舞い・・それから西條へ行き、いろいろ用事を済ませ、14時半ごろ、帰着。

この日の準備の為に、店長へ電話しようと思いなにげに携帯を見たら着信が3件(店長から)、なんだろうと思って電話かけたら・・・。えっ、ウソでしょ・・。

その時の電話の内容は、「今日は休みます、理由は月曜日に話します」・・・一方的に切れた。

その後、知り合いの高級スナックのママから衝撃的な電話・・「店長(中国人で名前は許成)許くん亡くなったららしいよ」・・・この「らしい」は又聞きの為確定されてない。

確定して欲しくない願いと・・ダレに聞けば、頭の中でぐるぐる駆け巡る・・彼になにがあったのだ。?????

そのあと、タブン一番確かな人に電話して聞いた言葉は・・欲しくない情報でした。なぜか頭の中に「喝采」の歌詞が・・・残念。

それからその情報を持って、いろいろ探索した結果、浄楽寺(でも最初に聞いたのはちょうらくじ、ん~そんなんないぞ、場所を聞いて地図で探して・・浄楽寺やん)に居る。
近いのでバイクで・・。

死因は「脳幹出血」でした。

また連絡、メールで・・・。

ご両親と息子は中国に・・いろんなことでお世話になってた、吉岡さんと許成の友達(広島在住)が縦横無尽に動き、ご両親のビザを取るのに尽力した。
「自分はそんな知識は持ち合わせてないので、ご遺体の前で番をしてた」

結果、通夜の時間には間に合わないも、通夜の日(25日21時40分頃)にお寺に到着。

日曜日から火曜日まで3日間、お寺に詰めてました。水曜日お通夜、木曜日お葬式。怒濤の1週間。

で、今日、残された奥さんが、店を続けて行きたいと言いにこられて、こりゃぁもうバックアップしないわけにはいかない(きっぱり)。

連休明けには再開されるのではないかと思います。


今、思うに、たった1年だったけど、なぜか濃い付き合いだったように思われる。
しかし、若い人が先に逝くのは悲しい・・
彼のことを少し・・・
彼は1999年になぜか三原(広島県三原市)に
日本語学校に2年、洋裁学校に3年、広大法学部受験(合格)4年で卒業(優秀だと思う)
もう少し詳しいのも知ってるけど、割愛。
広大卒業後「ジーベック」に就職も6ヶ月で退職して、誰かさんのすすめで中華料理店を開業。

現在のお店は、最初に開業した店から飛躍を目指して現在の三原ステーションホテルの2階に新規オープン(平成23年2月)、現在に至る。

奥さんの名前は「何叶」さん。結婚して9年だったかな。子供は「としくん」(字は知らない)

今は、思い出になった入籍の時の面白い話は伏せておこう。

どうぞ、三原に来た折には是非、三原ステーションホテル2階のチャイナダイニング祥で本格中華料理を堪能してください。

酒の本を一冊紹介します。 [紹介]

img129-1.jpg
この本の名前は「ニッポンの酒」
副題が「誰も教えてくれない日本酒の歴史」です・。

頭の骨休め的に読まれてもいいし、また新たな発見をするのに読まれてもいいと思う。
読む人の読むスタイルはどうでも好きなように・・。

著者は松木 津々二さん(ペンネームですが)本名は本の中に書いてある。
40ページほどの本で、値段も525円と安いのでどうぞ買ってください。

松木さんとの出会いは・・忘れましたが・・ミクシーのとり持つ縁かな・・。
監修されてる、井上さんは、杜氏さんです。

本の中にはさってるチラシに買い方とか書いてあります。
img131-1.jpg
img130-1.jpg

どんどん読んで知識を広げてください。

オイラはほとんどが積んどくです。
タグ: 歴史 日本酒

春霞醸造元 栗林酒造店 [紹介]

なごや純米燗でお手伝いさせていただいた、秋田の酒蔵です。

住所:秋田県仙北郡美郷町六郷字米田56

説明:
img005-1.jpg

蔵の様子:
img006-1.jpg

アル添酒も造られてますが、ウチの事情は純米だけなので、純米酒のみの取り扱いになります。
今日発注しました、到着は金曜日になります。
非常に柔らかい美味しいお酒に仕上がってるようです、
なごや純米燗で、「はたはた寿司」と合わせましたが、非常によかった。
少し、熟成をかけてみたい蔵の1本になりそうです。

来年、蔵元交流会が秋田で総会らしいので、おじゃましようかと思ってます。(今から楽しみです)
メッセージを送る