So-net無料ブログ作成

予定「第10回 燗酒の会」テーマ:きもと造り [イベント]

9月の会(三原)が諸事情によりできないので、10月にお蔵に来ていただいて開催を思ってましたが、難航・・

img324-1.jpg

で、「ウチにあるきもと造りの酒」で会を開こうと思います。
日付未定、曜日確定:土曜日、場所はチャイナダイニング 祥、時間は18時~いつも通り(じゃんけんのあと、流れ解散・・。

出品予定酒
旭菊酒造
板倉酒造
大谷酒造
梅津酒造
福羅酒造
山根酒造場
下村酒造場
久保本家酒造
森喜酒造場
大矢孝酒造場
泉橋酒造
以上11蔵・11銘柄(予定)

募集人数:30名

会費:5000円
タグ:きもと造り
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

第8回燗酒の会(テーマ:神亀酒造の酒) [イベント]

募集チラシ
img270-1.jpg

提供された酒
mini_120617_1737.jpg
右から
純米大吟醸
ひこ孫純米吟醸(9号酵母)
ひこ孫純米吟醸(7号酵母)
華吹雪
真穂人
甘口
ひやおろし(19BY)
仙亀 活性にごり かるくいっぱい
純米 活性にごり(22BY)

純米大吟醸はパイナップル(沖縄のスナックパイン)と合わせてみました。
パイナップルの酸が消えて・・美味(w)

呑む前は、9号酵母のほうに軍配があがってましたが、呑んだ後は・・7号へ・・・

甘口については、砂糖なめる甘さと完全発酵しない、広島の酒の甘さを思ってられた方もいらっしゃいましたが・・ちょっとアレを呑ませてあげようかなぁと思いました(20BY仕込20号-9・蔵は違いますが)実際は甘くない甘口、ホッとする酒。
この前の新酒鑑評会出品の大吟醸のあとの燗酒会のような感じでいいのかな・・・

ひさびさに作った酒粕ブラマンジュ
mini_120617_1523.jpg

粕は、神亀の純米大吟醸粕と久保本家の塩粕
ちょっとゆるめだったけど、まぁまぁ・・(w)改良の余地いっぱいで、次の酒の会目指して・・精進精進。

料理リストを追記します。
1.サラダ
2.スペアリブ
3.手羽先の唐揚げ
4.チリマヨセット(エビチリとエビマヨ)
5.麻公豆腐
6.キクラゲと玉子の炒め物
7.牛カルビの黒胡椒炒め
8.白身魚の甘酢あんかけ
9.炒飯
10.デザート(マンゴープリン)

ココアパン
酒粕ブラマンジュ


次回は7月21日(梅津酒造・三原)22日(梅津酒造・広島かめ福)です。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

番外編 燗酒の会 [イベント]

5月23日 今日は新酒鑑評会の日です。
第100回 平成23酒造年度全国新酒鑑評会「独立行政法人 酒類総合研究所・日本酒造組合中央会」
午前10時頃会場についたけど、凄い人でした。
中四国からきき酒していったけど、例年に違わず、飲み進に連れて口が甘ったるくまるで砂糖水を飲んできたような錯覚に(錯覚であって欲しい)とらわれる・・。甘いのはあたってた。こんな酒が酒造組合中央会の言う日本酒の頂点なのかと思うと・・ヤレン

気を取り直して、今晩はこれらの酒で燗酒の会を・・
鳥取県・福羅酒造 蔵元 福羅様、 島根県・板倉酒造 杜氏 岡田様
mini_120523_1735.jpg

右から
天穏 23BY 無濾過純米酒 きもと(表示無) 加工用米65%精米
天穏 22BY きもと 無濾過純米(加水)
天穏 23BY 速醸 純米にごり(加水) 佐香錦65%
天穏 23BY きもと純米にごり(加水) 五百万石65%
東郷 23BY きもと純米大吟醸(火入) 新酒鑑評会出品酒(参考品)
東郷 23BY きもと純米原酒 強力65%精米
東郷 22BY きもと純米原酒 強力65%精米
東郷 22BY きもと仕込 加工米65%精米 アルコール度数14度
東郷 20BY きもと純米原酒 玉栄60%

昨日のこの酒の会で実践したこと、これからの酒の会に生かしていく。
今朝、帰る間際の福羅蔵元と店の前で立ち話・・同じ燗酒でも、冷や(常温)、お燗、燗冷まし(前日に作る)で、3種類のきき酒をして資質を高める。これはうまいだけにとどまらない工夫をして、消費者の底上げを狙いたい。いいと思ったらマネをしてください。それと、若い酒の急冷燗も実践してください。

今までにやってきたこと、これからも同じように・・
お燗は時間がかかってもしっかり付けて行く、人数は多くなくてもいい、車座(円卓のようなモノ)でできればいい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

宮崎 しゅみの会 [イベント]

img271-1.jpg

ほんとは、A4なんだけど、アフォなスキャナの為にへんてこりんになったことを先にお詫びします。
しゅみの会表紙です。

しゅみの会とは、宮崎市に在住の松下 亮子さんが起こした日本酒の会です。
それは今から14年前、その時は燗酒ではなく、冷たく香りの高い酒が好まれる時代になんと(自分等の先取りをした)極上の純米燗酒の会を始められ今日に至る・・・。

まず表紙の裏に・・会場である 一心鮨光洋 店舗における各蔵元のお酒と蔵元の配置が判りやすく書いてありますが、実際は壁で仕切られててかなり探しづらかった(スマソ)

img272-1.jpg

参加蔵元および酒の表
img273-1.jpg
img274-1.jpg
img275-1.jpg
img276-1.jpg
img277-1.jpg
img278-1.jpg
11蔵

続いて・・肴は一心鮨光洋の渾身の料理リスト、料理は22種類(上側)は全て小鉢で提供され、各蔵元の部屋にありました。
半分より下側の各料理は職人による手作業でサービスされました。

img279-1.jpg

この中で・・フォアグラ茶碗蒸し、めっちゃくっちゃ美味かったです、なんとフカヒレ入りでした。

それから、お店の入り口入ったところで白玄堂というお茶屋さんが、新茶のサービスをしてられましたが、このお茶がなんと美味いこと・・。
img281-2.jpg
img280-2.jpg
img280-1.jpg
img281-1.jpg

宮崎へ行くのにこんども車で・・・往復1276キロでした。所要時間は片道7時間。まま、こんなもんです。

しゅみの会あとの、スタッフ勉強会直前です・・
DSC_1083-1.jpg
右端に立っててられるのが、諏訪酒造・東田蔵元、その左側の腰をまげてお酒をついでる方は茨城・須藤本家・郷乃譽当主・須藤蔵元、その左から順に宮城・金の井酒造・三浦蔵元、山口・永山本家酒造場・永山杜氏(ゴリさん)、神奈川・大矢孝酒造場・大矢蔵元です。手前の横を向かれてる方は宮城・萩野酒造・佐藤次期蔵元です。
DSC_1084-1.jpg
続いて、兵庫・田治米・蔵元(銘柄:竹泉)、福岡・旭菊酒造・原田蔵元、ちょっとピント甘いのですがご容赦を
DSC_1085-1.jpg
右から 兵庫・下村酒造店・下村製造部員(銘柄:奥播磨)、佐藤次期蔵元
DSC_1086-1.jpg
神亀酒造・小川原蔵元(社長だのに通称亀専務様)・・乾杯のご発声かな、平杯持ってるから・・
ちょっと髪に注目、散髪へ当日行かれたもよう、天満宮では・・・これ以上は禁句(直接は言ったけど)
DSC_1087-1.jpg
乾杯直後です。
DSC_1088-1.jpg
楽しく歓談・・・
DSC_1089-1.jpg
主催しゅみの会の松下さん(後ろ姿)と大矢蔵元のピースサイン。左のでかい後ろ姿は、福岡の入江酒店の入江くん、そういえば・・酒粕ブラウニー貰ってないのだけれど・・聞いただけ?甘いの食べるって?
DSC_1091-1.jpg
入江くんの肩越しに・・旭菊酒造の原田蔵元と秋鹿酒造の奥蔵元の密談(ウソ)・・。を狙いました。
DSC_1092-1.jpg
隙をねらって、大矢蔵元。
DSC_1094-1.jpg
微妙に邪魔になる、でかい背中・・・
DSC_1095-1.jpg
瓶の隙間から・・・
DSC_1096-1.jpg
終演間近、三本締めにするか1本締めにするか・・廻りからヤジが飛び交ってた(萩野酒造・佐藤さんの目線の向こうにヤジの主が)が、亀専務が貴方が任されたのだから自分の思い通りでしなさいと・・結局3本締めで幕・・・
右側の背中と顔半分の方は一心鮨の木宮一洋様です。その向こう側の方がお茶屋さんの白尾尚美様です。

今回の宮崎行きの目的は・・6月に単独で行う酒の会(神亀を飲む・蔵元なし)のアドバイスでも貰おうと思ってたのですが、いろんなことが相まって聞けなかった・・ま、いいわい。
(いろんなことの一つに、地元の小売店さんと少しお話させていただきましたが・・酒は価格ではないことをお知らせする時間がなかった、もしこのブログを見られることがあったら、もし機会があったらちゃんとお話しましょう)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

前日 [イベント]

明日は、居酒屋 かめ福での太田酒造場(辨天娘醸造元)・太田陽子(リアル娘)さんを招いての第一回燗酒の会です。

超遅れましたが、酒リストと肴リスト・・・

居酒屋ですることを考えたわけではないけど、人数制限はしたものの、締め切りを設けてない、且つ募集先が2ヶ所で交互の連絡不足(ある意味いいかな)により人数が増えることが懸念されおばんざい(大皿料理)にしました。
人数の増加に合わせれない店では不向きかと思います、よい子はマネをしないように(笑)

三原で行われてる中華料理も人数はみてるものの、大皿料理です。

お酒・
img269-1.jpg

一応、この順番で・・

料理・・
img268-1.jpg

どういうタイミングで出してくるのか・・。

次の7月、9月の酒の会に繋げたい・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

上方日本酒ワールド2012 [イベント]

img259-1.jpg

今年の上方日本酒ワールド2012が5月4日にいつもの大阪天満宮で開催されました、思えば第1回から来てるんだな・・。

前日のことを少し・・
前日3日は、燗の美穂さんで、お酒(燗酒)を頂きました、料理とともに、明日の会のためにかなりのお店が休んでる中でのこと、さすがに予約しててよかったと思えるほどの盛況ぶりでした。偶然だけど、自分たちが席について、ほどよくして、隣の空いてる席に2名の方が・・女将は広島人で、そういうのが呼ぶのか、その隣の方達も広島人・・カウンターに3人も広島人が(笑)、自己紹介はしてないのだけれど、ダレとも無く変人の酒屋だけで、全部判ってらっしゃったみたいです。

最近、ツイッターでも変人・変態酒屋と言われてるけど・・・当たり前のモノを売って変態・変人呼ばわり・・解せん。

ま、いいや・・先に進めよう。

今回の一番の気持ちでこの大阪天満宮へ行ったのは・・・。

神田にある 酒亭 神田 新八の料理が目当てでした、神田 新八+埼玉 神亀酒造
ばらばらに食べて飲んだけど・・

DSC_1064-1.jpg

東京から車2台で17時間かけてきた面々

DSC_1001-1.jpg

mini_120505_1525.jpg
予約でもらえる特製グラス。これにお酒を注いでもらえるのです、容量的には60mlで、グラスの中程に日本酒ワールドとプリントしてある、ワ「ー」ルドの横棒の部分が60mlだそうですが・・・ほぼ満杯こぼれない程度に入れるようにレクチャーしてる?か、どうかはわかりませんが・・・(w)そそ、1升瓶から注いでるですが、これは1升瓶燗されてます(w)。

DSC_1055-1.jpg

真剣なまなざしの・・亀社長(元亀専務)。

今回は、ここに1点集中したので、100枚程度・・。

できれば、来年は本腰を入れて撮りに行きたいと思う。

以下、上方日本酒ワールド2012公式ガイドブック
img261-1.jpg
img262-1.jpg
img263-1.jpg
img264-1.jpg
img265-1.jpg
img266-1.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

訃報 [紹介]

チャイナダイニング 祥のこと

ことの始まりは・・土曜日(4月21日)・・・
この日、違う場所(市内の瀬戸内魚礁 本陣)で酒の会(芸予地震で廃業した蔵の酒を飲む会)である酒の会にチャイナダイニング 祥のオーナー兼店長に車で送って貰った・・今、思えば・・降りる際に、自分に、「丸くなったね」と、何?今頃・・堅くなろうか?の問いに、イヤ今のままが・・と。
「内心、変なヤツ」彼との付き合いは、ほぼ1年・・でもこのときに1年で終るとは思いも寄らなかった。

会は定刻を過ぎ、無事に終りました、翌日はチャイナダイニング 祥で、神亀の酒を使った酒の会(蔵元はこられません)。酒リストを作らねばと思いつつその日は寝た。

日曜日は、名古屋から妹が母親の見舞いに来てるので、まずは、見舞い・・それから西條へ行き、いろいろ用事を済ませ、14時半ごろ、帰着。

この日の準備の為に、店長へ電話しようと思いなにげに携帯を見たら着信が3件(店長から)、なんだろうと思って電話かけたら・・・。えっ、ウソでしょ・・。

その時の電話の内容は、「今日は休みます、理由は月曜日に話します」・・・一方的に切れた。

その後、知り合いの高級スナックのママから衝撃的な電話・・「店長(中国人で名前は許成)許くん亡くなったららしいよ」・・・この「らしい」は又聞きの為確定されてない。

確定して欲しくない願いと・・ダレに聞けば、頭の中でぐるぐる駆け巡る・・彼になにがあったのだ。?????

そのあと、タブン一番確かな人に電話して聞いた言葉は・・欲しくない情報でした。なぜか頭の中に「喝采」の歌詞が・・・残念。

それからその情報を持って、いろいろ探索した結果、浄楽寺(でも最初に聞いたのはちょうらくじ、ん~そんなんないぞ、場所を聞いて地図で探して・・浄楽寺やん)に居る。
近いのでバイクで・・。

死因は「脳幹出血」でした。

また連絡、メールで・・・。

ご両親と息子は中国に・・いろんなことでお世話になってた、吉岡さんと許成の友達(広島在住)が縦横無尽に動き、ご両親のビザを取るのに尽力した。
「自分はそんな知識は持ち合わせてないので、ご遺体の前で番をしてた」

結果、通夜の時間には間に合わないも、通夜の日(25日21時40分頃)にお寺に到着。

日曜日から火曜日まで3日間、お寺に詰めてました。水曜日お通夜、木曜日お葬式。怒濤の1週間。

で、今日、残された奥さんが、店を続けて行きたいと言いにこられて、こりゃぁもうバックアップしないわけにはいかない(きっぱり)。

連休明けには再開されるのではないかと思います。


今、思うに、たった1年だったけど、なぜか濃い付き合いだったように思われる。
しかし、若い人が先に逝くのは悲しい・・
彼のことを少し・・・
彼は1999年になぜか三原(広島県三原市)に
日本語学校に2年、洋裁学校に3年、広大法学部受験(合格)4年で卒業(優秀だと思う)
もう少し詳しいのも知ってるけど、割愛。
広大卒業後「ジーベック」に就職も6ヶ月で退職して、誰かさんのすすめで中華料理店を開業。

現在のお店は、最初に開業した店から飛躍を目指して現在の三原ステーションホテルの2階に新規オープン(平成23年2月)、現在に至る。

奥さんの名前は「何叶」さん。結婚して9年だったかな。子供は「としくん」(字は知らない)

今は、思い出になった入籍の時の面白い話は伏せておこう。

どうぞ、三原に来た折には是非、三原ステーションホテル2階のチャイナダイニング祥で本格中華料理を堪能してください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

予告 第9回 燗酒の会←「訃報」でできなかった神亀をします。第8回として [きもと造り]

第9回目はキモト造りの純米酒の横飲み・・製造年はなるべく合わせれれば合わせて、そうでなければ近めに持っていこうかと思ってる。

現在、在庫有る中で今までにあまり登場してないお酒から中心に選んでいこうかとおもいつつ・・

第9回は6月17日に設定中

板倉酒造、旭菊酒造、梅津酒造、大谷酒造、久保本家酒造、下村酒造場、杉井酒造場、山根酒造場、森喜酒造場、泉橋酒造の10より7~8種・・を考えてます。

19BY~22BYくらいかな。

また、空いた日があればどこかでやりたい。山廃とかも・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

第2回 太田酒造場 新酒並びに蔵内熟成原酒 試飲会 [純米酒]

img255-1.jpg

4月15日に鳥取県若桜町で行われた、太田酒造場の23BY新酒試飲会(蔵内原酒も)に行ってきました。
去る3月4日に今期始めて太田酒造場に行ったときは、あいにくの雨であったけれど、まだ道路脇、屋根には雪がありちょっと肌寒い日でした。
その造も終わりになってた中で新しい発見が(w)
なんと、摺ってました・・玉栄と強力。
その摺った玉栄と強力も酒になってた・・・。

それともう一つ・・
息子の正太郎(字があってるかどうか判らんけど・・普通は、正太郎は鉄人28号だ・・)さんが来期(24BY)より蔵に入られること。
関東の方の有名な蔵でも24BYから入られるとかどうとか・・、ま、いいやそんなことは。

もう一つの一つ・・・冬の間ターバンを巻いてた倉吉の酒屋さんが・・なんか、心境の変化なのか、真ん中分けのみょうにちんちくりんな・・見慣れてないからかもしれんが、面白い髪型になってた。

試飲は36種類、自分なりの表現は人にはワカラナイ宇宙語なので、コメントの提出は行わずそのまま離脱。

面白味の酒もあった・・製品化されたら考える余地アリ。

試飲のあと、懇親会へ突入・・

mini_120415_1243.jpg

懇親会での料理・・・お品書きは(全てがではない)一番上・・。
暖かくして出てくるのはその時であるから、ない物もある、写真取り忘れて食べてしまったものもある。
適当に想像してください。

それと、懇親会で提供された酒のリストは↓・・。

img256-1.jpg

リストの1番純米大吟醸生原酒は乾杯で冷たいまま出され、あとで燗をつけていただきましたが、やはり燗酒の方がしっくりきました。

約2時間・・・楽しいひとときはすぐに去る。

img257-1.jpg

これは帰りの若桜鉄道の郡家(こうげ)行きの切符。

行きも5時間帰りも5時間・・・電車に乗るのも疲れる・・。

最後に・・5月13日広島市中区にある居酒屋 かめ福で太田酒造場の会をします。定員は20名程度近場の方は是非いらしてください。
蔵元からも1名来ていただきます。
下のチラシは、酒の会での酒のリストです。

img252-1.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

公式でない番外編 [イベント]

5月23日東広島で行われる新酒鑑評会一般公開に伴い、島根県・板倉酒造杜氏 岡田氏と鳥取県・福羅酒造蔵元杜氏 福羅氏を招いて、もうおなじみになったチャイナダイニング 祥で燗酒の会番外編と称し酒造りの話を未熟な我々によくわかるように対談してもらい酒と食事で楽しみすごせればいいかなと。

お酒は23BYを中心に・・・考えてます。


会参加募集はしてない、平日でもあり厳しいと思われますが、どうしても参加したいと思われる方は連絡ください。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る